PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

た~まや~

先日の記事でちょっと思わせぶりな終わり方をしておきながら、その後は一体どうなんてんだ!と、気になっておられる方、もし居らっしゃいましたら、どうもすみませんでした。
ミッションは既に実行してたのですが、記事に仕上げるのが今になってしました(汗)



さてさて、お気づきだったとは思いますが、今年は本格的に『花火』を撮ってみよう!と思いつき、急ぎいろいろと機材を調達したり、撮影法を勉強したりしていたのでした。

詳しいうんちくは少な目にしておきますが、とは言え、何の為に前出の物を揃えたのかも知りたいでしょうし(笑)一通り説明しておきます。

まず花火を撮影するのに、絶対に欠かせないのが『三脚』。 何秒間もシャッターを開きますので、手で持っての撮影は絶対にブレるので無理です。そして予告記事にアップしてた『レリーズ』。これはカメラにケーブルを繋ぎ、その先のボタンでシャッターを切るものです。これも三脚と同様、手でカメラを持ってシャッターを切ると、ブレの原因となるので、カメラに触れずにシャッターを切るための必需品。 
最後の『黒いうちわ』。これは別にうちわでなくても、黒い紙なら何でもいいのですが、持ちやすく暑い時に仰げるしで、うちわが一番都合がよいのです。
どう使うかはちょっと難しい話となるのですが、後ほど、重ね撮りのところで説明することにします。


さ、とりあえず行ってみよう!ってことで


2007年花火01

NO1

どんどん画像をアップして行きます。


重くなるので、つづきは伏せ記事にしました。撮影やカメラについてのうんちく話の前には、興味の無い人のために【うんちく】と断りを入れますので、スルーして下さいね(笑)画像だけ見てお楽しみ下さいませ。
今回はワンコは出てきませんが、夏を感じたい方は↓をクリックしてGO GO!



 気に入った画像があれば、クリックすると大きくなります。



2007年花火02

NO2

2007年花火03

NO3

2007年花火04

NO4

ほとんどの画像はトリミングして、余白を捨てたり、花火を中央へ持ってきたりしてます(笑) 元画像は酷いものばかりなもので(汗)



2007年花火05

NO5


2007年花火06

NO6


【うんちく1】
花火写真はフレーム内に複数個並んでいるのが理想なのですが、実際の花火大会では、同じような位置に上がるので、そのまま重ねて撮るとすぐ露出オーバーとなるし、構図も美しくありません。 そこで、理想的な位置に上がるまで黒い紙でレンズを塞いでチャンス待つか、レンズを塞いだままカメラを少し左右へ水平移動させて再び写し入れるかどちらかの方法をとります。(普通は後者らしい)これが重ね撮りですね。この時にレンズを塞ぐのに黒いうちわを使ったのでした。


でもね、一眼レフカメラというのは、シャッターボタンを押してる時はミラーが跳ね上がってファインダーを塞ぎますので、ファインダーを覗いて構図を確認することは不可能。 勘でカメラを動かすしかないのです。

そしたら、大体は失敗。

2007年花火07

NO7

こんな感じ(汗)


毎回同じ高さ、方向に上がってくれる訳ではないし、非常に難しい。



そんな中でも、かな~りマシに撮れたのがこれ↓


2007年花火08

NO8

少々見切れてますけど、バランスよく収まりました。



が、



うすうす、気付かれてるとは思いますが、場所取りが上手くいかず(開始時間ギリギリに到着したんだから当然だ)、邪魔なものが映りこんでるのが残念(汗)


2007年花火09

NO9
右側の街灯と左側の建物。



予想よりもかなり低い高度で炸裂するので、どちらもかなりの確率でフレームイン(汗) 



2007年花火10

NO10

でも建物が花火の大きさの比較対象となって、かえって迫力が出ることもあるのさ(負け惜しみ)。




2007年花火11

NO11


2007年花火12

NO12


2007年花火13

NO13

いろいろな構図を試したりズーミングを楽しんでみました。




2007年花火14

NO14


2007年花火15

NO15


2007年花火16

NO16

16と17はちょっと遊んでみました。

2007年花火17

NO17



【うんちく2】
花火の火の玉を打ち上がりからファインダーで追いかけながらズームし、爆裂ポイントを予測して素早く構図を決め、三脚の雲台を固定しシャッターを開ける。←激ムズです。 というか相当熟練しないと無理でしょう。どれ位の大きさに広がるかも全部読んでズーム具合を決めないといけないし・・・。 でもデカイ尺玉を綺麗にフレーム内に収めるには、この手法でないと撮れません。


真似ごとをしてみたけど、


2007年花火18

NO18

当然こんなもんですわ。近すぎるし、中心の玉も入ってないし。


【うんちく3】
真ん中に炸裂直前の火の玉が入ってて、花が開いて消えるまでの軌跡が全部写っているのが、いい花火写真だそうです。(というかそれが当たり前で、真ん中の玉がない花火写真なんてダメ写真だそうで・・・)



2007年花火19

NO19

これや、



2007年花火20

NO20

これが、単体ではベストな写りですね。





最後にクライマックスの大連発



2007年花火21

NO21


2007年花火22

NO22

露出が・・・


2007年花火23
.
NO23

かなり難しく、




2007年花火24

NO24

失敗しながらも必死でシャッター押しまくり~


2007年花火25

NO25

エクスプロージョン!


2007年花火26

NO26

最後に大輪の花が咲き





2007年花火27

NO27



さらさらさら~





そして祭りは終わった。。。





初めてにしては、まずまずな画が撮れたかな。(課題は写真撮りより場所取りだったりして(笑))




この花火会場は自宅から数キロのところなのですが、混み合うことを考えて、自転車で出かけました。三脚やカメラやいろいろをバッグに入れ、担いでみたら、これが結構重い! 合計4kgはあるので、それなりに重いのは覚悟してましたが、熱帯夜の国道を4kgの荷物を背負って自転車漕いで・・・汗だくです。

登山写真家の方って、これらカメラ機材以外にテントや寝袋やらいろいろ十数kgを背負って3,000m級の山を登るのでしょう!?すっごいなぁ~と実感いたしました。私は4kgでノックアウトでした(大汗)









以下はカメラに興味のある方の為に、参考までに今回の撮影データを記しておきます。

・カメラ:NIKON D80
・レンズ:VR ZoomNikkorED18-200mmF3.5-5.6

・ISO:100
・ホワイトバランス:オート(太陽光にすべきなのに、変更忘れ(汗))
・絞り:F16
・シャッター:bulb 
・MFにてフォーカスリングを∞に固定。

 マニュアルモードでのバルブ撮影。

 レンズから花火までの距離は約300m。



ネットの花火撮り記事を検索してて最も多かった推奨絞りはF11。 でも今回は距離が近かったのと、露出オーバーを避ける為にさらに一段絞ってみました。広角側では少々暗い印象ながら、望遠側や重ね撮りでは丁度よいので、結果的にはF16で良かったと思います。(現地で頻繁に変えてる余裕ない私!)
もっと花火を重ねる場合や、スターマイン系の盛大なのを撮るにはF22まで絞って、露出オーバーする場合さらにNDフィルターをかけたりするそうです。

スポンサーサイト

| 風景・スナップ | 09:51 | comments(26) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

すごーい!!ものすごくきれいじゃないですか!!
今年は、お盆からずっと香川にいなかったので、花火は見れないままで後悔してましたが、マークさんの写真でお腹いっぱいですi-233

現物より写真のほうがキレイですねi-1まーくさんのセンスが光ってますよーi-189i-234
全部キレイですが、NO8、14が私はなんか好きですi-237
まーくさん、凝り性なのですね。これだけキレイな写真だと、次回の作品?にも期待大ですi-236

| Mチョフ | 2007/08/20 11:13 | URL | ≫ EDIT

おぉ~!!
すごい綺麗に花火が撮れてますね♪
今年は、忙しくて花火大会に全然行けなかったので楽しめました。ありがとうございます~。

| amorue | 2007/08/20 12:16 | URL | ≫ EDIT

おー!
やっぱり花火撮影は難しいんですね。
そりゃ私がコンデジで適当に撮っても上手くいかないわけだ。
三脚に乗せててもシャッターボタンを押す振動ですらダメなんて…
No13は花火だけど花火じゃないような、幻想的な感じで好きです。
一個一個の光もこんな風に鮮やかに撮れるもんなんですねぇ。
∞とかバブル撮影なんて、なんのことだか私にはぜんぜんわかんないけど、花火は綺麗でした!

| ようこ | 2007/08/20 12:25 | URL | ≫ EDIT

すっごく綺麗です~~
NO.2とNO.9が私はお気に入りです~~
やはり「うんちく」を読むと難しいですね(^^)
私が撮ったのって花火ではなく、花火大会の模様だもんなぁーー
これだけの腕なら転職は如何ですか~(^^)

| りん子 | 2007/08/20 13:54 | URL | ≫ EDIT

すごいですね~
私の友達なんて・・今年は、芦屋の花火をクルーザーから見ていたらしい・・私なんて・・ベランダで洗濯物を干しながら見ていたのに・・・・・

芦屋花火は人も少ないし、家からも綺麗に見えるので、来年挑戦してみようかしら。

しかし。。4kgか・・・

お疲れ様でした!

しかし、いろいろ変更しないとダメとは・・オートか連射しかしないので、まず機能を使いこなさないとですね。

| JUNKO | 2007/08/20 16:43 | URL | ≫ EDIT

うぉ~~~!堪能させていただきました!
どれもすごくきれいで素晴らしく、まーくさんの研究の賜物ですね。失敗とおっしゃってますが、NO18とかすごくきれいと思うのですが、花火の世界は奥が深い。。。
うんちくも熟読させていただきました!
4キロ背負って頑張った甲斐がありましたね♪
クリックで大きくして見ると、迫力がさらに増しますね。
何回も見せて頂きました~ありがとうございます。

| ちゃん吉 | 2007/08/20 19:53 | URL | ≫ EDIT

どんどん高松、行けなかった分こちらでたっぷり堪能させて貰いました♪
No.13と14とか、涼しげで繊細で、好きです~。
そのまま浴衣の柄にもなりそう♪

これは、毎年恒例の記事になりそうですね。
むふふ。来年は更に腕が上がっているだろうし(?)期待してお待ちしております。(←プレッシャー)

| まりこ | 2007/08/20 21:47 | URL | ≫ EDIT

おおお!すげ~!
前回とはまったく違うではないですか!
(あ,いや,前回の花火がどうというわけでは;汗)
めっちゃ夏を堪能できましたよ。

私は19がいいかなぁ。
13や14あたりもなんだか雰囲気があってすてきです。。。
デジイチ。。。フィルム一眼は持ってるんだけど。。。
やっぱデジイチ。。。。ほしいかも。。。

コメントはご無沙汰ですが淡路レポなどもしっかと読ませていただいております。
9月になったら少し余裕ができるので,放置ブログもふっかつさせねば(汗)

| ももんが | 2007/08/20 21:57 | URL | ≫ EDIT

きれいです!
そうそう、思わせぶりな終わり方のまま放置…
ずっとずっと気になっておりましたよ。

写真…好きなんですけど、
「撮る」というより、偶然「撮れた」写真を見て楽しんでいるレベルです。
難しいことは分からないi-182
黒うちわの使い方も分かったような、分からないような…。
でもね、花火の写真とってもキレイですよ~i-233
(皆さんお気に入りを挙げられていますが、多すぎて書ききれないくらいです)

花火大会にあきと君は一緒じゃないとは思っておりましたが、
あらら、お一人で(?)自転車でお出かけでしたか。
一人(匹)でお留守番のあきと君は、
抱きしめて護ってくれるまーくさんが居なくても大丈夫だったのでしょうか?
ちと、心配になりました。

| Pの姉 | 2007/08/20 22:35 | URL | ≫ EDIT

花火であきとが吹き飛んだ!?
ん~花火写真は難しいですよね。
でも、まーくさんしっかり撮れてますよね~~
研究&道具揃えた甲斐があったのではないでしょうか。
多方面に研究&挑戦するまーくさん、流石ですわ~
大きい花火だと、露出オーバーするのですか~なるほどなるほど。
普段は露出不足に悩まされるので、感覚が正反対なんですね。
この前、子どもたちの花火を撮っててもよく分からなかったですね^^;
何も考えずに撮ってたので、どんな設定になってたのやろうか。そういやバルブにしてたなぁ。

山写真の方って山小屋系なのですかね?
それだったら荷物軽くて済みますが、山の奥にテントで何日も入っていく方だったら20kgは余裕で行きそう。
僕が登山で最高持ったのは、冬で30kgでしたかねぇ。懐かしい

| glymax | 2007/08/21 01:35 | URL | ≫ EDIT

おお~~~~~
まーくさんすごいやないですか!
初めて本格的に撮ったなんて言われなければわかりませんよ。
私としては通常のキレイな花火より№13のような幻想的なほうが好きです。
センス抜群ですね♪

でもお留守番してたあきとくんは大丈夫だったのかしら。。。

| たなやん | 2007/08/21 10:09 | URL | ≫ EDIT

夏の夜満喫しましたよ!!
NO18,19がとくにいいですね
花火を撮るのにこんなに勉強したんですか!!
いつも花とか適当に撮ってる私はまけたわ
4キロの荷物を持って自転車をこぐなんてかなりきつかったのでは
広島も花火大会あったんですが忙しかったんでぜんぜん見ませんでした
高台のほうにいけばかなり遠いですがみれます
やっぱり写真撮るんだったら近くか
あきとくんはどうなってるんですか?
近くだからやっぱりおびえていたのかな?
チロはちょっと怖いと思うみたいなんですけどあきとくんほどおびえません
雷もおびえなくなったっと思ったら多少は怖いみたいで誰かのそばに密着してます

| 温泉卵 | 2007/08/21 13:34 | URL | ≫ EDIT

☆Mチョフさん☆
お盆は県外へお出かけでしたかぁ。いいなぁ~。私も2度淡路島まで
行きましたが、泊まりでゆっくりどこかへ行きたかったですi-229
花火大会、朝日町まで遠征したのは、かれこれ20年ぶりくらいかも!
実際に見られなかったとしても、写真で楽しんでいただければ私も本望です。
1時間の花火でしたが、カメラと格闘してるとあっという間に終わりましたi-179

| まーく40 | 2007/08/21 19:18 | URL | ≫ EDIT

☆amorueさん☆
綺麗に撮れてますか?ありがとうございますi-229
汗だくでチャリ漕いだ甲斐がありました!
花火は例年なら、自宅で豆の様に見えるのを見るくらいなのですが、
会場まで遠征したのは本当に久々のことでした~。

| まーく40 | 2007/08/21 19:20 | URL | ≫ EDIT

☆ようこさん☆
はい、難しいですi-183 コンデジで夜景モードの方が結構手軽に綺麗に
写ったりしますよね(大汗) デジイチだとやっぱり三脚で完全固定しないと
無理です。広角(引いた状況)ならまだましなんですが、望遠(ズーム)だと
シャッターを切る指の動きでブレますi-183
一部を拡大して撮ると面白い画になるんですね~、花火って。
専門用語はスルーしても、難しいですよねi-201 花火は奥が深いですi-227

| まーく40 | 2007/08/21 19:25 | URL | ≫ EDIT

☆りん子さん☆
ありがとうございます。初めてにしてはマシに撮れましたねi-229
実はもっとメタメタな結果に終わるだろうと思ってたんですi-235
カメラの専門用語が出るので、どうにも説明が難しいのですが、
普通にオートでシャッター切るのでは、綺麗な花火写真は撮れない
ということです。7月の花火撮りのときに実体験済みだしi-237
りん子さんの撮影した花火も綺麗に撮れてますよ! コンデジでも最近は携帯でも結構イケてますよね。デジイチの威信が。。。

| まーく40 | 2007/08/21 19:34 | URL | ≫ EDIT

☆JUNKOさん☆
クルーザーから花火見物ですか! ほへ~。 どうせワイン片手に
って感じだったのでしょうねi-229 方やJUNKOさんは洗濯物片手に
ベランダからですかi-237i-201
そうそう、JUNKOさんも折角のデジイチで花火チャレンジしてみて下さい。
三脚だけは必要ですけど、安いのも一杯ありますから。私みたいに
凝りに凝って2.6kgもの重いデカイの買わなくてもいいですからi-179
細かい設定はさて置き、シャッター設定をバルブにして、花火が開きそうな
直前にシャッター押し、花火が開き終わったらシャッターから手を離す。
これでOKですi-236i-234

| まーく40 | 2007/08/21 19:39 | URL | ≫ EDIT

☆ちゃん吉さん☆
いや~、さすがに花火撮影というのは知識と経験が必要なのだと
実感させられました~。最初の頃はバルブというのも頭になかった
くらいですものi-235 よくよく考えると、花火個々によって
開く時間が違いますもんね。シャッター速度の設定という概念自体が
ないのですね~。
4kgは重かったです!リュックじゃなくて、普通のオバチャン手提げ袋に
入れて、肩に掛けて行ったので、もう余計疲れました。

| まーく40 | 2007/08/21 19:43 | URL | ≫ EDIT

☆まりこさん☆
まりこさんも花火見られませんでしたかぁ~。あの古墳の上からだと
見えそうな感じがしますが、13日はお出かけでしたか?
アップで撮ると、また違った顔を見せてくれますねi-84
一つ一つの火花の球体まで写りますし♪
折角奮発して三脚やらリモートケーブルを買ったので、来年も
頑張るつもりですi-236
でも4kg背負ってチャリ漕ぐのがなぁ・・・

| まーく40 | 2007/08/21 19:48 | URL | ≫ EDIT

☆ももんがさん☆
だはははi-179 前回と全然違うでしょう? 正しい観察眼です。
前回はシャッターのことを全然分かってなくて、コンデジ並みの
出来でしたもんねi-229 今回は一応事前に勉強した甲斐があって
ほとんどの画像に中心の玉を入れたまともな花火写真が撮れました。
私は個人的には15の鳥の羽のようにふわっと写った火花の画が好きですね。
フイルム一眼ですか!? ブログへのアップには全然使えませんが(大汗)
伊吹ちゃんとの思い出を残すにはいいのではないでしょうか?でも
すっごく重たいでしょうけどi-229
お忙しいのですね!夏バテにご注意を~i-236

| まーく40 | 2007/08/21 19:54 | URL | ≫ EDIT

☆Pの姉さん☆
おお、気になっていらっしゃいましたか! 失礼しましたi-229
黒いうちわについては専門的過ぎて、話題に出すべきではありません
でしたね~。 スプレーで綺麗に黒く塗って手作りしたので、愛着が湧いて
つい、載せてしまいましたi-235
この花火会場から自宅までは10kmくらいあるので、ポ~ン ポ~ン程度の
音しか聞こえず、あきとも大丈夫なんですi-87 7月の近所のお祭りの花火は
直近で上がるのでダメですけどねi-202
10kmの道程を4kg背負ってチャリは三十路すぎには堪えましたi-183

| まーく40 | 2007/08/21 19:59 | URL | ≫ EDIT

☆glymaxさん☆
花火はさすがに勉強と事前準備が必要ですね! 私もネットでいろいろ
調べるまではこんなに難しいとは知りませんでしたi-230
でも難しいと余計に『やったろうやないか!』的天邪鬼心がムラムラと
してきましてi-229 最低限の機材は揃えてみました。
大きい花火というのではなくて、同時に上がったりした時に花火が
重なった部分が露出オーバーになるんです。だからガンガン上がる
最後のクライマックスのような状況を撮ると、3秒でもう露出オーバー
4秒もすれば真っ白状態でi-201 知識と勘と経験全てがものを言う世界ですね。
ええ~、glymaxさん30kg背負って登山の経験有りですか!? やりますね~。
私も20代のピチピチの頃なら全然平気だったと思うのですが、4kgで
息が上がってる自分が情けなかったですi-237

| まーく40 | 2007/08/21 20:06 | URL | ≫ EDIT

☆たなやんさん☆
ほんまですか!? 初めてって言わなかったほうが良かったかしらi-229
しかし、本気で花火撮りしようなんて全然思ってなかったのに、
たなやんさんの以前のアドバイスからどんどん熱が入り、いろいろ
調べて行くうちに『やってみるか!』となりましてi-229財政状況が
非常に厳しい中だったのですが、これを逃せばまた1年待たねばならないしと、
思い切って三脚買いました。カーボンのはさすがに高くて無理でしたが。
今回は自宅からはかなり離れてるのであきとは全然平気でしたi-87

| まーく40 | 2007/08/21 20:10 | URL | ≫ EDIT

☆温泉卵さん☆
いや、本当、花火の撮影ってこんなに専門的だとは知りませんでした!
でも実際に勉強していくと、確かに確かに~な事ばかりなんですよね。
一瞬の花火を撮っても、点状の火花の○にしか見えないんですよi-84
チャリはさすがにきつかったです。私のチャリがまた折り畳みの
車輪が小さいやつなので、余計に足を酷使しましたi-229
チロちゃん、多少は怖がるものの、誰かのそばに居れば大丈夫なんですね♪
うちのは以前お見せした通り、ヨダレとパンティングが凄いです。
でも今回の花火会場は自宅から離れていたので、音も小さくあきとが
怖がるほどのものではありませんでしたi-87

| まーく40 | 2007/08/21 20:16 | URL | ≫ EDIT

ご無沙汰してます。
花火ときいてちょこっとお邪魔します。
最後のスターマイン凄いですね!!
タドンからキラキラ、カムロすごい演出ですね!!
画像でも迫力が出てるし、なんか懐かしいです。
実は以前の職業は花火職人さんで(8年前に辞めました)、神戸とか、芦屋、池田、淡路
などなどいろんな所であたしが作った花火をあげていました。
いいものを見せてもらいありがとう!!
お邪魔しました。

| アユミ | 2007/08/21 21:38 | URL | ≫ EDIT

☆アユミさん☆
こちらこそ、もうご無沙汰しまくってますi-229i-201
ええ!?以前に花火職人をされていたのですか!?なんと~初耳でした。
運輸系までは存じておりましたが、花火職人さんだったとは。。。
それならば花火の見方もやはり職人的魂がムラムラしてしまうでしょう?
あの玉はちょっと花が綺麗に開かなかったから失敗作だなーとかi-179
スターマインは見てるとすっごい迫力ですけど、写真に撮るにはすごい
大変でした。切れ目がないので、もう適当にシャッター押すしかなくて。
それでもなんとか露出を保ってお見せできる程度の画は撮れました♪

| まーく40 | 2007/08/22 12:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sibaakito.blog26.fc2.com/tb.php/547-2a9e9c85

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。