PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

屋島山上へ

お盆の締めくくりで、どこかへお出かけしようと思ったのですが、この暑さではどうにも腰が上がりません(汗)
そこで、かねてから地元屋島を再発見してみよう企画の第2弾として、屋島山上へ登ってみることにしました。 第1弾記事はこちら


専用ドライブウェーを往復610円払って登ります。このせこい小銭を払いたくないばかりに、しばらく屋島からは遠ざかってました。
今回でもう十数年ぶりとなります。



ドライブウェーの途中にある、このポイント。じつはミステリーゾーンなんです。

ミステリーゾーン


皆様には登りに見えますか?下りに見えますか? 



実はこれ、登り方向です。 周囲の風景が目に錯覚を起こさせるようで、実際その場に立って見ても不思議な感じですね。


そんなこんなであっという間に山上駐車場へ。

駐車場

お盆休みということもあり、予想以上の人出でした。


毎週末、これくらいの観光客が訪れてくれれば、こんなに廃れてケーブルカーまで廃線にならなかったのですがねぇ・・・。


おお、変わらず、駐車場のすぐ横には『血の池』が健在でした。

血の池

ここで、源平合戦の武士たちが刀の血糊を洗い落としたという伝説があるそうです。

もう血の匂いはしないハズだけど・・・。



猫に威嚇される

猫に『ふぅ~~~=3』と威嚇されるあきと。



屋島寺

まず、最初に屋島寺に辿りつきます。 一応この屋島山上のメイン施設ですかね。 意外と小綺麗に保ってます。


ここを抜けてしばらく行くと、ずらーっと並んだ土産物屋&展望コーナーがあります。



名物瓦投げ

名物の瓦投げ。 小皿サイズの素焼きの瓦を下界へ向けて思い切り投げられます。 


展望台

この日は少々ガスってましたが、まずまずの景色でした。



天気が

高松市内の様子。 実はこの日の翌日が高松の花火大会だったのですが、ここから見たら綺麗に見えたでしょうね。でも場所取りするには5,6時間前には来てないとだめだろうし、あきとは至近距離での花火はダメだろうし、あまりの人ごみに、またお腹壊すだろうなぁ。



イマイチですが

奥に見える山が先代犬の眠る根来寺がある、五色台です。



トコトコ

すれ違う観光客からは『かわいい~』の声が飛び交ってました! さすがポンポリースのスーパー胴輪。買ってよかった(笑)



水族館

全国的にも珍しい山上にある水族館として有名だった、『屋島水族館』 まだ現役でした。 (平日に客なんて来ないだろうに・・・。)



アシカショー

一応アシカショーなんかもやってるようです(汗)



廃墟と化した旅館

しかし、やっぱりこのような放置された旅館の廃墟や施設が目立ちましたね。 バブル期には商売も成り立っていたようですが、その後の努力が足りず、次々と閉館。 このロケーションですから、もっとやり方を考えればお客を呼べたと思うのですが・・・。





さて、今までご覧いただいたところは『南嶺』と呼ばれる屋島山上の主観光ポイントで、一周20分ほどのところに屋島寺、土産物屋、水族館などがところ狭しと立ち並んでおります。 

そして、その北側には『北嶺』と呼ばれる部分もあり、こちらは自然がメインの静かスポット。観光客はあまり足を運ばない場所です。


屋島案内図

北嶺の先っちょに突き出てるのが、以前に行った『長崎の鼻』です。



さて、折角来たのだから、散歩がてら、北嶺にも行きましょう。ということで、歩き始めました。





北嶺へGO!

そうすると、こんな看板が現れてちょっと躊躇(汗) 2kmもあるの!?ま、まあ大丈夫だろ。 今回は朝の散歩も兼ねて来たんだし。行こう行こう。



2kmは遠い・・・。

少し不安を覚えながらも、こんな小道を延々歩き続けました。小学校の遠足以来かな、ここを歩くのは。



暑さでフラフラしながらも、なんとか到着。 途中の芝生広場がとても懐かしく、ここ、遠足で来たなぁってしみじみしてしまいました。もう20年ぶりくらいか・・・。


そして展望台へ。


ここから落ちたら



命は無い!


気をつけてね。



庵治町全景

ここからは映画セカチュウのロケ地『庵治町』がよく見渡せます。



セカチュウロケ地

あそこが例の防波堤です。




ひとしきり景色を楽しんだ後は、帰りの道程2kmが待ち受けておりました。あきともそれを察してか、へたり込んで歩きを拒否!


暑くて・・・

『も、もう無理だワン』


もう歩けない

『これ以上は歩けません』


この暑さだ、無理はない。 しばらく日陰で休ませましたが、一向に歩こうとしないので、仕方なく、あきとを抱えて1kmくらい歩きました(大汗) 重い!暑い!しんどい!


北嶺へ来ようとした自分を激しく後悔しました。




さて、その後は無事に帰宅したのですが、灯台元暗しでしたね。こんなにいい散歩コースが家から車でわずか5分のところにあったとは。 まあ往復に610円はかかりますが、秋になって時候が良くなってから再び紅葉狩りしながらの散歩に来たいと思いました。


スポンサーサイト

| 成長日記 | 09:45 | comments(14) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

いいところですねぇ♪
地元にこんな素敵な場所があるなんていいなぁ。
あきとくんも、歩きすぎてつかれちゃった?
秋の紅葉の季節もみてみたい風景ですね♪

食欲はどうですか?

| フープママ | 2006/08/22 10:48 | URL | ≫ EDIT

ええ~っ、あきと君を抱えて1キロ?v-12
お疲れさまです。まーく40さん、痩せちゃうんじゃ…。
屋島、せめて有料でなければもっと行きたいんですけどねえ。
5、6年前にアシカショーを見たんですが、
思ってたよりもずっとおもしろかったんですよ。
アシカが溺れたフリしたりしてね~。
せっかく景色も綺麗なんだから、もうちょっと再開発してほしいなあ。

| かおりん | 2006/08/22 15:58 | URL | ≫ EDIT

あぁぁぁ。
車で5分の距離だったのですか…
我が家のうどん食い倒れツアーの時はあきとくんちの近所をうろちょろしてたんですね。
瓦投げなんてあったの知らなかった!
そしてすごくやりたかったぁv-10
厄除けってよかストレス発散として(笑)

いい景色なのに廃れつつあるのかなぁ。
あきとくんと散歩するなら、あんまりワラワラと人がいないほうがベストだろうけどね。
紅葉シーズンも綺麗だろうな。

| ようこ | 2006/08/22 16:46 | URL | ≫ EDIT

あきと君を抱っこして歩いたんですか!?
ほんと、お疲れ様です。どこの家も犬一番のお犬様ですね。
ハーネスすごく可愛いです。服着てるみたい。
つくしはハーネス派なのでうちも可愛いやつ探してみようかな?

紅葉の季節は素敵な景色が見れそうですね!!

| 紋つく | 2006/08/22 17:58 | URL | ≫ EDIT

絶景ですね~。 夏は厳しいけど確かに気候のイイ時期は
最高の散歩コースかもしれませんね。
ワンコってヘバッたらホントに歩かなくなるんですね。
ワタシはそんなになるまで散歩につきあったことがないんで。
「もう帰るのー?」で駄々こねられることはありましたが(汗)
まーく40さんに抱っこされてあきとクン、疲れたら「抱っこ~」って
駄々こねるようになったりして(笑)
それにしても「屋島」まだまだ観光客来るんですねぇ。
実は、数年前に屋島水族館のイルカプールでイルカと
一緒に泳いだことあります。
四国新聞に予約さえすれば無料でOK。とかいてあったので。バスクリン色のプールに(汗)

| のりのり | 2006/08/22 21:02 | URL | ≫ EDIT

ミステリーゾーン、似たようなのがウチの近所にもあります。
その名も「幽霊坂」。
周りの景色に騙されちゃうんですよね!

瓦投げ、下界の人は大丈夫なんでしょうか。
私、猛烈にやってみたいです。
日頃の鬱憤をはらしたい!!(←そんなにたまってるのか?!)

あきと君を抱えて一キロはスゴイ☆☆☆
力持ちですねぇ~!!
まーくさんに抱っこしてもらえるし、通行人からは可愛いって言われるし、良かったね、あきと君。

| チコママ | 2006/08/22 21:04 | URL | ≫ EDIT

家の近所にとっても素敵な場所があるんですね~。あきと君も楽しくお散歩できたみたいで良かった良かった。私もチコママさんと同様、瓦投げしてみたい・・・。そして下界の人が気になります(笑)
皆さん、書かれていますがあきと君を抱っこして一キロ歩くとは!!明日あたり、筋肉痛になるんじゃないでしょうか!?私もむぎがお散歩中にワンに吠えられて怖くて歩けないよぉ~と訴えてくるのでたまに(いえいえ、結構な頻度です)抱っこして家まで歩きます(一キロはないはず)。どこの家でもワンがおねだりすると逆らえないですね~(笑)

| amorue | 2006/08/22 21:21 | URL | ≫ EDIT

☆フープママさん☆
そうなんですよね~、実は近所にいろんな史跡が沢山あるんですよ。源平合戦の舞台になった地なので。屋島と言えば、那須与一が船上の扇を弓で射抜いたエピソードで有名ですね。
この時期は、日の昇ってる間は長距離歩くとバテバテになるようですi-202 思ったより体力ありませんでした、あきとi-229
食欲はだいぶ戻ってきましたi-87

| まーく40 | 2006/08/23 10:55 | URL | ≫ EDIT

☆かおりんさん☆
そうなんですi-182 テコでも動かなねぇ~状態だったので、仕方なく・・・。 お米を運ぶように、肩に乗ってくれたら楽だったのですが、それも嫌がるので、結局抱っこ状態で約1kmですよi-183
おお~、アシカショーをご覧になられたのですか。予想より綺麗に保たれていたので、意外でしたねi-84
一説によると、山上はすべて屋島寺が地権者なので、いろいろ企業が提案しても住職がまったく関心を示さないので、開発が進まないとかi-227

| まーく40 | 2006/08/23 10:59 | URL | ≫ EDIT

☆ようこさん☆
そうそう、屋島の麓には『わら屋』という有名なうどん屋があるので、そこへいらしたのでしょうか? かなり近くまで来ていらしたのですね。
瓦投げは私が子供の頃から変わらずにありますね。ストレス発散に・・・、なるかな? 普段思い切り物を投げてないでしょう!?急に全力で腕を振ると、全然前に飛ばないんですi-237 変な力が入るからでしょうね。かえってストレスになるかもi-237
また秋の紅葉シーズンに再チャレンジしたいと思いますi-236

| まーく40 | 2006/08/23 11:04 | URL | ≫ EDIT

☆紋つくさん☆
ほんと!お犬様状態でi-229 周囲に人が居なかったのがせめてもの救いですi-237 こんな姿みられたら、『危篤なお犬様な人』に見られても仕方ないですからねi-201 (実際にそうですがi-255
そうなんですよ!これ、デニムの服に見える胴輪で、もう売ってないんです。洋服はダメなあきとなので、こういうところでせめてものお洒落を楽しんでますi-228

| まーく40 | 2006/08/23 11:09 | URL | ≫ EDIT

☆のりのりさん☆
いやいや~、あきとは体力はある方だと思っていましたが、暑さはどうしようもないみたいで・・・。日陰でしばらく休ませたのですが、そのままマッタリになっちゃってi-230 そうなんです、あまり甘やかせるとそれに慣れるので、滅多にこういうことはしないのですが、さすがの暑さで、しかも往復4km超えの道程。無理やり連れていったのは私なので、しょうがないです。
ええ!!! イルカと一緒に泳げる企画があるのですか!? へぇ~。 しっかしあのバスクリン色の水!どうにかならないのでしょうかねi-229 山の上まで海水を運ぶのは大変なので、そうそう水も替えられないのでしょうかi-84

| まーく40 | 2006/08/23 11:15 | URL | ≫ EDIT

☆チコママさん☆
チコママさんのお住まいの近くにもありますか!? 周囲の景色だけで、こうも騙されるものなんですねぇi-230 空き缶なんかを転がすと、もっと不思議に見えますよ。
瓦投げ、興味あり!ですかi-179 下界はかなり離れておりますから、どんなプロ野球投手が投げたところで、山肌に落ちるだけですi-229 ぱっと見は下界のマンションまで届きそうに見えますがi-237
そんな感じですから、ストレス解消に、なるかな?
さすがにあきとを抱えての1kmはきつかったですねぇ。帰りの2kmのことはあまり考えていなかったのでi-179i-201

| まーく40 | 2006/08/23 11:21 | URL | ≫ EDIT

☆amorueさん☆
そう!車酔いするあきとには、車で5分は魅力なんですよねi-236 ドッグランも6,700円は必要ですから通行料610円もそう考えるとまあ、許せますかね。
瓦投げ、興味あり!ですねi-179 こういうのは他の観光地にはないのでしょうかねi-184
多分どんなに目一杯投げたところで、すぐ下の林の中に落ちると思いますi-202 下界まで届かせようとすると、3,000mは飛ばさないとダメでしょうi-229
実は今アップしてる写真はカメラ水没前のお盆の撮り溜め分なんですよi-235 この日の翌日は筋肉痛でしたi-88 
さあ、そろそろデジカメをどうにかしないとi-227

| まーく40 | 2006/08/23 11:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sibaakito.blog26.fc2.com/tb.php/353-8f0d4bab

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT