PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

春の嵐

昨日の四国はまさに『春の嵐』なお天気でした。寒冷前線の通過に伴う猛烈な暴風雨と雷、一部地域ではヒョウまで降ったようです。私の職場でもスゴイ雷が鳴り響き横殴りの猛烈な雨・雨・雨。 こりゃあきとは尻尾巻いて隠れてるだろうなぁ、と心配ではありました。 と同時にこれほどの雷と雨の最中、小屋に入るしか逃げ場がなく、ボブハウスに慣れて頂くには、又とない絶好の機会=3 鼻息荒く期待してしまった私ですが、実際はどうだったのか・・・真相は分かりません。
あ、でも帰宅したら全然濡れてなかったため、入居したと思われます(笑)
この前、家のボイラーの灯油タンクに給油に来てくれたオッチャンも、「犬が吠えたでしょう?」って聞いたら「ホースが怖かったのか、小屋の中に逃げ込んで吠えてた」って言ってたし♪



ご覧のとおり、目次ページをプチイメチェンしてみました。と言いますのも、目次を作った時に急ごしらえのアイコンを貼り付けたため、ずっと気に入らなかったのです。今度は目次らしい背景のアイコンに作り変えて、かねてより目論んでいた項目の追加も致しました。

それがこの2つ 犬の十戒 と 虹の橋 です。

犬の十戒


虹の橋


目次ページのアイコンより、リンクが飛びます。


これについては皆様お馴染みで、1度は読んだことがあるかと思いますが、私自身、大変思い入れがあり、事あるごとに何度も読んでます。まだ見たことのない方はもちろん、ご存知の皆様にも、是非今一度ご覧いただきたく、いつでも見られるように目次に貼り付けました。

犬の十戒って、誰が作ったのか知りませんが、本当によく出来てますよね。犬を飼ったことがない人にはイマイチわからないかも知れませんが、犬と暮す事の全てがたった10題の短いセンテンスに凝縮されてて、本当にぐっと来ます。この詩のお陰で私も先代犬との突然の別れが来ても、後悔が少なくて済みました。


そして虹の橋。これは動物全般を対象にかかれた詩ですが、やはりワンコがメインとなりますね。 いろんな解釈がされてますが、ワンコ主体の和訳を載せました。 虹の橋の手前の地で死に別れたワンコが待っててくれて、やがて飼主も死んでその場所へたどり着く。そして再開を果たした2人は共に再会を喜び、虹の橋を一緒に渡ってゆくと。
よく、愛犬が亡くなって虹の橋を渡っちゃった、っていう話をされてますが、正確にはその一歩手前で飼主を待っててくれるんですよね。いい話じゃないですか。
生涯10匹も20匹も飼ってた方は再会が大変そうですが(汗)

もう、皆さん中には『虹の橋』の手前で待っててくれてるワンコが居る方も多いんじゃないでしょうか? 



舐め舐め

お股を舐め舐めされてるこのお方は、果たして虹の橋へ旅だったら待っててくれるのでしょうか? さっさと一人で橋を渡らなければいいですけど・・・。

 
スポンサーサイト

| 成長日記 | 00:21 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

お股ナメナメのこの殿方、きっと一人では虹の橋を渡るには不安で、待っていると思いますよ。
僕もウランやナナに待っていて欲しいと願いつつ、不安が頭を・・・・・(汗)

| ウラン(ナナパパ代筆) | 2006/03/29 14:59 | URL | ≫ EDIT

虹の橋のたもとで待っていてくれるワンコ、、いますいますi-241
今いるワンコ達の天寿をまっとうさせてから、最後にワタクシがそこにたどり着くと、犬ぞりに乗って虹の橋を渡れそうです。

ワンコだけではなく人もいつかはみんないくのですから、、、考えたくはありませんけどね。。楽しい思い出をたくさん作りましょう。

| なおなお母 | 2006/03/29 15:12 | URL | ≫ EDIT

私にも虹の橋のたもとで待ってるワンコが…って言いたいトコだけど、おそらく私より先に旅立つであろう母と再会して「ルンルン♪」と渡って行ってしまいそうな気がi-241
いや、きっと家族皆で待っててくれるわ!

先代犬達が旅立つ度に、「ちゃんと迷わず皆のトコロに行くんだよ」って、母が犬の置物(瀬戸物)と鳥の置物を骨壷の前に供えてました。

あきと君もきっとまーく40さんのこと、待っててくれますよ!まだまだ先の話ですけどねi-229

| michelle | 2006/03/29 18:45 | URL | ≫ EDIT

☆ナナパパさん☆
なるほどi-190 ビビリですからそうかも知れませんね、あきとはi-229 まだまだ10年以上先の事ですが、その時には私も中年40代。どうなってるか、想像もつきません。 ナナさんウランさんとの暮らしもまだこれから♪
虹の橋のことを心配するのは、先のことにしましょうi-201


☆なおなお母さん☆
犬ぞりで虹の橋を渡る! いいですねi-179 そんな想像をするのもペットロスを和らげるひとつですね。
私も先代柴は待っててくれると思います。散歩命のワンコでしたから、早く散歩へ連れて行って!って首を長くして待っててくれてるとi-241
そうですよね。人間もいつかは死にますから。後悔は少なめにしたいですよねi-190 犬の十戒は人間にも相通づる精神がありますねi-84


☆michelleさん☆
家族で飼ってたら、家族みんなが揃ったときに橋をわたるのでしょうねi-190 うちは「ちょっと可愛がる」だけの家族でして、ワンコは全て私が責任を負ってますから、私が逝くまでは絶対に待ってて欲しいものですi-230
そうですか。もう代々ワンコを看取ってこられたのですね。迷わぬように・・・。人間もワンコも同じですものね。私も先代が亡くなった夜は「おりん」を鳴らして迷わぬようにと送りました。

あきととはまだまだこれから長いお付き合いになるので、たまには思い出すようにと、この記事を貼り付けましたi-236

| まーく40 | 2006/03/29 21:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sibaakito.blog26.fc2.com/tb.php/200-092c80ff

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。